think!

思い立ったらやってみる。きっとマイナスになることはないから。

今日はこれまでの自分これからの自分の『思い』を書いてみたいと思います。
(誰も興味はないかもしれないけど・・・笑)

今年で37歳になりましたが、私は家を出るのが少し遅く・・・実家を出たのは確か26か27くらいでしたので、
やっと10年になりました。ということは、家をでてすぐC+Cはやり始めたということになりますね♪

とにかく家を出たくて仕方なく、普通の流れだったら仕事をして、それなりに仕事に慣れてきたら自立して、
もしくは、大学入学とともに上京して・・・的な感じなんだろうけども。私にはそのタイミングもなく、気づけは26、7になっていたのでした。

まず家を出たかった理由として、

・色々と不便な場所(これはほんとに、やばかった)
・親の支配下にある(マジで脱出したかった)
・自分のペースで何もできない

大体この3つが大きな要因でした。

でも、出れなかった理由。

・お金はとにかくない
・ピアノがなくなる
・どこに行けばいいのかもわからない

とにかくこの3つでした。

当時付き合っていた彼と同棲するという話になり、後先考えず、とにかく家をでた!!!!
*家を出れるタイミングをもらったという点ではサンキューです!!

そして、出たあと、とりあえず全く住み慣れない場所に住んだわけですが・・・・
もちろん、ピアノの仕事はちょいちょいしてましたが、それだけでは到底足りないので、
フルではないくらいで働けるバイトを探し、某LPショップに行き着きました。
(一応、音楽を更に聞けるかな〜。という淡い期待を持って・・・。実際は全然笑)

とにかく仕事運だけは誰にも負けないくらい悪かったので、こりゃ参ったものでしたが、
やっぱ家を出れたのは正解でした。

そう思う理由として・・・

・怒られない
・自炊、洗濯など、文句を言われずできる
・移動距離が少し短くなった
・一番感動したのは、駅まで歩ける✨
↑どんなとこ住んでたんだよ・・・って感じですね。

この家を出るという行動から、自分で色々動けるようになったのです!!!!
とにかく、私には「仕事」がどういうものなのか、「自分の人生」の道なるものを全く考えてもなかったのです。

「何かしなくちゃ!!!」という気持ちが結構あって、
知り合いに紹介してもらってピアノの仕事もいくつかすることができたし、色んな人たちに会うこともできた。

これは、「自分のことを、人に話すことができたから」だと思っています。

(↑↑のちに働くOLの職場でのダイバーシティ的な一環のコミュニケーションで、あまりにも人を動かすのが下手な人が多いと感じたので、この話をしてみたところ、誰にも響かなかったことを今でもの覚えていますが(笑))

「〜〜したいんだよね。」とか、「〜〜するのに憧れる」とか、
なんでもいいんですけど、ふとした時に覚えててくれた人から、連絡がきたりすることがありました。

その間に我がプロジェクト「convex+concave」も出来上がったわけです✨✨

そして、またもや試練が・・・・。

家を出るきっかけをくれた彼との解散。
さて、どうする??

とにかく実家に帰ることだけはどうしても避けたかったので、おばあさまのおうちに居候させてもらうことになりました。
これも、初日から試練の連続であります。。。。。。

・シャワーがない
・ネズミの大運動会
・空調設備なし

いまだかつて味わったことのない、大貧乏生活が始まります。
とにかく、やばい。

電気も豆電球1個しかついてなかったので、お父さまに付け替えていただき、
(なぜできなかったというと・・・、ソケットなんてものはなく。。。ただワイヤーがぴろ〜んってなってるだけのものだったので、付け方がわからん・・・)
シャワーもおばあさまが、後につけてくれました。

なんといっても、鼠は本当に天敵で、食べようと思ってストックしておいたものや、ライブでお客様にいただいたお菓子など・・・・
とにかく私の食料がネズミの食料に変わっていくし、深夜は、天井裏や床を駆けずり回る。。。
一体何匹いたのやら。とにかく不衛生極まりない生活。冬は寒すぎてストーブつけっぱ(電気ストーブ)で寝たら火傷してるし、夏は暑すぎて、手のひらに汗疹ができてめちゃくちゃ痒いし・・・・。

これだけ聞いたらめちゃくちゃやばいのですが、いいこともありました。
・とにかくこの生活を抜け出したい一心で、曲がかけた。
・忍耐力が程よくついた
・テレビもなかったので、その分はピアノに集中していた
・おばあさまは特に文句は言わないので、めっちゃ自由にできた。

たまに、買っておいた食料をおばあさまにも奪われることはありましたが、まぁ今となっては笑い話。

この生活は2、3年続けました。
(よく耐えたなぁ・・・・、まだ20代だったからなんとか耐えれたと思います)

そして、結婚。
嬉しいはずの結婚でしたが、とにかくお金がなくて、節約節約で、ノイローゼになりそうでした。
私の計画では、バイトやめて、ピアノできる〜。くらいだったのですが、、、、
あれ??とにかくお金が減っていくだけなんですけど〜〜〜〜〜〜〜。

それでも、ピアノはやめずに、なんとかCDを作ることができて、とても嬉しかった。
これはほんとに、一番嬉しかった。
やっと自分で、やりたいことができた。と思えた瞬間でした。
すっごく大変だったけど、やったことない作業がたくさんあって、めっちゃイライラしちゃったりもして・・・・。
お金はもちろんこの時もなかったけど、お金カンパするよ〜。っていってくれた人たちもいたけど・・・。
これは、とにかく自分で成し遂げたかったので、なんとか形にできたことをとっても嬉しく思っています。

これも偶然な出会いで、レコーディングしてくれる方を紹介していただいて、チャンスをもらいました。
本当に、人の繋がりって大事だなぁ。とつくづく思ったものです。

が・・・・

「とにかくお金がない」
もぉ、ほんとずっと貧乏神を背負い続けてる気がしてなりませんでした。

これはもう、いよいよ死ぬんじゃないかと思うくらい。

友達に、中途半端に仕事するんじゃなくて、がっつりやれば?と言われ・・・・。
すっごい嫌だったけど、生活のためには、そうするしかないかと、渋々面接に・・・・・💧当時32歳くらいかな。

まぁ、キャリアウーマン的なのもカッコイィなぁ。と思うこともあったけど、今思えばストレスの塊でした。
当時は、お金はもちろん働いているわけだから、自由に使えるお金はあるわけで、次から次へと洋服を買い、届いた頃には、
何買ったっけ??状態で、大してほしいわけでもないのに買っていたことも多々あり。

確かに洋服は大好きなんですが、買ったことに満足をして、本当にお金を散財した気がします。

ただ、初めての世界に飛び込んだわけなので、色々利益もありました。
基本私のやっていた仕事は、事務アシスタントですが、誰かの。というよりは、最終的に、総務全員のアシスタントでした。
ここで得た術としては・・・

・聞き上手になった
・人がどうして欲しいかを先読みできるようになった
・他の拠点のみたこともない人と普通に知り合いのようになってた
・ムカつく電話の撃退
・郵便の出し方(笑)
・関西弁が多少聞き取れるようになった(笑)
・友達ができた

↑みてわかる通り、仕事内容の利益はなし!!

エクセルやワードも結局、わからなければ調べればいいし、仕事の内容は、慣れれば誰でもできるということがわかった。

ただ、ここで初めての屈辱も多々あった。

・学歴でしか人を見ない
・派遣を見下すマウンティング
・派遣の仕事を制限する
・ここでも私の嫌いな束縛が多発
・見た目で判断

この一番上の学歴問題は、30を超えて初めて感じましたね。
今までは、とにかく学歴の関係ない世界で生きてきたので、むしろ逆にこっちは〇〇大だから何??くらいで、大学に行ったからどうのこうのということを一度も考えたことがなかったので、とてもショックでした。
これが学歴社会か〜。と!新卒を選ぶにも、大学名で、中途を選ぶにも大学名で。

平成初期までかと思っていたので、だいぶショッキングな現実でしたね。

それでも私は特に、どこ大でてるからという眼差しは一切なく、なんとなくうまくやっていたつもりですが、
やっぱそういう組織なので、ついに限界がきました。

きっとそこで限界を超えないラインでうまくやる人が、出世していくことはもちろんわかっていますが(笑)

まぁ。この間に、イタリア旅行に行ったり、ライブもなんとか頑張って再開し始めたり、私と社員一人でシステム導入したり(これはまじで根に持つ・・・。)
色々できました(笑)

組織変更とともに辞めてやります!!のはずが謎の2ヶ月延長で地獄の2ヶ月を過ごしましたが・・・・。
これは本当に無駄な優しさが出ました。

「自分の人生」を考え直す時間を作ろうと思いました。

そして、やっと今になります。
今更考えて、何ができるの??って思われて当然な年ですが、

とにかくまずは気づくこと。
思ったらやってみること。
ゆるくやれば、軌道修正もできるし、意気込みすぎないこと。
結構、意気込みすぎて、一杯一杯になり、嫌気がさし、モチベーションダウン。っていうのを相当経験したので、
自分のペースで、ゆっくり、歩くこと。

人のせいにしたくなります・・・・。
とにかくせっかちなお母様にダメ出しばかりされて、基本自信喪失状態だったので、今でも、なんか怒られる。的なことを思ってしまう自分がいます。
その思い込みをまず外し、ちゃんと自分を認識させること。
万人に好かれようと思わず、絶対に共感してくれる人がいる。と思うこと。

結局メンタル的に自分で維持をしていないと、大体悪い方向へすすむ。

とりあえず今できることは。「お金がない」と言わないこと!(笑)
こちらにエネルギーを吸い取られると、本当に一生ないまま終わる気がします。

実はちょいちょい宝くじが当たったりして、ラッキーなことが続出です。(もちろん少額ですが)

だいぶ長くなりましたが、上記で得たものを武器に、死ぬまで、さらにいろんなものを習得していきたいと思っています♪♪♪
人に優しく、自分にも優しく♪

昔は自分に厳しく。と言われていましたが、多分そんな時代じゃないと思う。
自分がHAPPYじゃないと、周りもそうじゃないと思うし✨

今は、お金がちょっとやばい!ってなれば、その時はその時で、きっとなんとかできる自信があるし、守らなければ行けないニャンズたちもいるから、
より一層HAPPYな人生を送りたいと思います✨✨

冬は苦手なため、ライブは考えておりませんが、また暖かくなったらやりたいな✨✨

会社が嫌で、でも辞めるわけに行かない人もたくさんいると思うので、自分は本当に好きにやらせてもらえて幸せだなぁ。と思いますが、好きなことを見つけることで、気持ちが前向きになるといいな♪と思います✨