Formula1 2022

F1 サウジアラビアGP付近での爆破。予定通りGPは開催。

サウジアラビアGP 会場付近での爆破を受け、FP2が15分ほど遅延。

FP2は問題なく開始されました。

イスラムシーア派の一派の「フーシ派」によるアラムコに向けた攻撃とのこと。
F1のCEO ステファノ・ドメニカリがFP2前に緊急会議を招集。
この爆破事故に対する詳細の正式な声明は後日発表する予定。

FP2後再度、ミーティングを行った。
サウジ政府側からは走行を行っても安全。と伝えられているそうだが、何もないことを祈るしかできない。

F1ファンとしては、先週待ちにまった開幕戦、翌週の今回サウジGP。ということで、無事の開催を切望しますが、何よりチームやドライバーの安全が最優先事項です!!!
ドライバーの中では意見が割れていて、結果、全員合意で開催に至ったとのことですが、ただでさえ命をかけてドライブしているのに、余計な不安を持って大会に挑まなければいけないと思うと、相当メンタルのコントロールが必要になると思います。

私個人としては、開幕戦でのレッドブル2台リタイアでだいぶ、撃沈な一週間でしたが、この爆破事故は、そんなことをある意味忘れさせるくらいのSHOCKなニュースです。

ロシアに始まり、あちこちミサイルを打っただの、「負のニュース」の連鎖が始まっています。
何もしないで「平和」を謳うのはただの偽善者なのかもしれないけど、それでも「平和」を祈ります。

各著名人が、この爆破に関してツイートしています。