aromatherapy

夏バテに効果的なハーブ・アロマをご紹介♪♪

暑さで食欲減退したり冷たい飲み物の飲み過ぎでお腹の調子が悪くなったり・・・

温度調整が難しいですね・・@@

そんな時に、有効的なハーブ・アロマをご紹介します♪♪

 

 

 

ネロリ



女性らしい香りが特徴のこのアロマオイルは、イタリアのネロラ公国の妃が愛用したことからこの名前がついたと言われています。
ビターオレンジの花から精製される精油のことで、わずかな量しか採ることのできない希少なアロマオイルです。

精神的効果としては、不安や憂鬱な気持ちを和らげてくれます。
また、整腸作用があると言われています。消化器官の不調時に症状の緩和に期待ができるため、夏バテで調子が悪い時に使用すると良いと言われています。

ペパーミント



ハーブ苗 ペパーミント 2個セット【おうちで簡単!育てやすい10.5cmポットハーブ苗シリーズ】自社農場から新鮮苗直送!!【品種で選べるハーブ苗/即出荷】

スーッと清涼感のある香り。ミントは基本的なハーブであり、精油なので、馴染みがある方は多いと思います。
精油を使用するときは、香りが強い精油になりますので使用量に注意が必要です。脳に刺激を与える効果がありますので頭が冴えてしまうため、寝る直前にはあまりおすすめできません。
眠れなくなってしまうこともあるかもしれませんので・・・;
夏に嬉しい効果がたくさん。制汗効果があります。暑い日にはとても気持ちが良いですよ♪
私もお風呂上がりに全身にペパーミントのボディースプレーを使用しています♪
また、消化不良やお腹のはりなど、消化器系のトラブルに作用します。日焼け跡のケアや虫除けにもおすすめなので、夏には大活躍ですね。

 

ジュニパーベリー



お酒のジンの香りづけに使用されているジュニパーは万能薬として古くから世界柔道で利用されている植物です。
ギリシャ人、アメリカ先住民なども愛用していたと言われています。
ジュニパーは冷えた身体を温めて胃腸を強化し、全身の疲労を取る手助けをしてくれます。
またデトックス効果があります。リンパの滞留改善して、老廃物の代謝を促します。そのため、ダイエットにも強い味方です。
ただ、腎臓に疾患のある方はご使用はお控えください。

夏バテの大きな原因の一つは「冷え」です。
冷房ガンガン効いているお部屋に長時間いると体が冷えてしまいますよね。私もオフィスで働いている時は、カーディガン必須でした。
とはいえ、帰ってくるときは外を歩いて暑いですから、夏はシャワーのみになりがち・・。
でも、できるだけお風呂に浸かった方が体のためです。

ぜひ以前紹介した、バスソルトを作って、半身浴をしてみてはいかがでしょう♪

超簡単!エッセンシャルオイルを使った手作りバスソルト。アロマオイルを使ってみたいと思っていても、なかなか手が出せない方にモノグサな私でも簡単にできるバスソルトの作り方をお伝え!!...

半身浴とは・・・
お風呂のお湯は38〜40度に設定。ちょっと温めですね。冬だと寒いくらいだと思うので、半身浴は夏をおすすめします。
浸かるのは、お腹くらい(おへその上くらい)
浸かる時間は20〜30分くらいです。
上半身が寒くなってはいけないので、バスタオルをかけて冷えないようにしてください。

 

いつもお伝えはしていますが、香りは好みで使うのが一番なので、好きな香りを見つけてくださいね♪

 


クナイプ バスソルト ネロリの香り 850g


クナイプ バスソルト スーパーミントの香り 850g


クナイプ バスソルト グーテルフト パイン<松の木>&モミの香り 850g