Formula 1

GREAT BRITAIN GP 予選&スプリント予選 結果〜SILVERSTONE〜

1週間空いて、待ってました。シルバーストーンのレース♪

前回のREDBULL RING2連戦はフェルスタッペン完全ホームでしたが、今回はハミルトンの完全ホームですね。かなりのお客さんの歓声♪

これが普通だった頃に戻りたいです。ちょっと心配ですが(笑)
ノリスがユーロの試合見に行って、強盗に合うなんてアクシデントもあったようですが、無事で何よりです。

今回は、初のスプリントレース導入による予選で、どうなることでしょう。と言う感じでしたが、
内容等、おさらいしておきましょう♪

 

*******スケジュール**********
◆1日目
フリー走行(P1)・・・これはいつも通り
予選 ・・・2日目のスプリントレースのグリッドを決めるための予選。基本的にはいつも2日目にやる予選と同じ方式。*予選のタイヤはソフトのみ。◆2日目
フリー走行(P2)・・・予選が終わってしまうとほとんど調整ができなくなってしまう為、やる意味があるのか疑問
スプリント予選 ・・・予選で行ったグリッドで、100km(17周程度)のスプリントレースを行う。タイヤのチョイスは自由。
ピットやタイヤ交換の義務はなし。
*上位3台がポイント獲得できる。
1位・・・3p, 2位・・・2p, 3位・・・1p◆3日目
決勝・・・いつも通り******タイヤに関するルール*******
スプリント予選が開催されるフォーマットにおいて12セットのタイヤが供給される。
ソフト:6セット
ミディアム:4セット
ハード:2セットレインタイヤ
インターミディエイト:4セット
ウェット:3セット◆フリー走行1日目
2セットのタイヤを自由に使用可能

◆予選
5セットのタイヤを使用可能

◆フリー走行2日目
1セットのタイヤを自由に使用可能

◆スプリント予選
2セットのタイヤを自由に使用可能

◆決勝
残りの2セットのタイヤを使用
レーススタート時の使用タイヤは自由。

これを踏まえて、予選&スプリントレースの結果を見てみましょう♪

 

予選
POS TEAM DRIVER
1 メルセデス ルイス・ハミルトン
2 レッドブル・ホンダ マックス・フェルスタッペン
3 メルセデス バルテリ・ボッタス
4 フェラーリ シャルル・ルクレール
5 レッドブル・ホンダ セルジオ・ペレス
6 マクラーレン・メルセデス ランド・ノリス
7 マクラーレン・メルセデス ダニエル・リカルド
8 ウィリアムズ・メルセデス ジョージ・ラッセル
9 フェラーリ カルロス・サインツ
10 アストンマーチン・メルセデス セバスチャン・ベッテル
11 アルピーヌ・ルノー フェルナンド・アロンソ
12 アルファタウリ・ホンダ ピエール・ガスリー
13 アルピーヌ・ルノー エステバン・オコン
14 アルファロメオ・フェラーリ アントニオ・ジョビナッツィ
15 アストンマーチン・メルセデス ランス・ストロール
16 アルファタウリ・ホンダ 角田裕毅
17 アルファロメオ・フェラーリ キミ・ライコネン
18 ウィリアムズ・メルセデス ニコラス・ラティフィ
19 ハース・フェラーリ ミック・シューマッハ
20 ハース・フェラーリ ニキータ・マゼピン

 

スプリント予選
POS TEAM DRIVER
1 レッドブル・ホンダ マックス・フェルスタッペン
2 メルセデス ルイス・ハミルトン
3 メルセデス バルテリ・ボッタス
4 フェラーリ シャルル・ルクレール
5 マクラーレン・メルセデス ランド・ノリス
6 マクラーレン・メルセデス ダニエル・リカルド
7 アルピーヌ・ルノー フェルナンド・アロンソ
8 アストンマーチン・メルセデス セバスチャン・ベッテル
9 ウィリアムズ・メルセデス ジョージ・ラッセル
10 アルピーヌ・ルノー エステバン・オコン
11 フェラーリ カルロス・サインツ
12 アルファタウリ・ホンダ ピエール・ガスリー
13 アルファロメオ・フェラーリ キミ・ライコネン
14 アストンマーチン・メルセデス ランス・ストロール
15 アルファロメオ・フェラーリ アントニオ・ジョビナッツィ
16 アルファタウリ・ホンダ 角田裕毅
17 ウィリアムズ・メルセデス ニコラス・ラティフィ
18 ハース・フェラーリ ミック・シューマッハ
19 ハース・フェラーリ ニキータ・マゼピン
20 レッドブル・ホンダ セルジオ・ペレス

 

このような結果になりました。
もう、何より悔しいのは、スプリントのペレスのスピンですね。
乱気流によりコントロールを失い、タイヤのバイブレーションがひどくリタイアと言う判断に。
最後尾スタートとなりますが、ぜひ、ポイント圏内には入ってほしいところです。

フェルスタッペンは、とにかく調子が良さそうです。
スタートが勝負でしたね。一瞬、オーバーテイクされそうなところもありましたが、守り切りました♪
シルバーストーンでは、ここ10年弱、メルセデスのポールがお決まりかのようになっていましたが、ついに、フェルスタッペンが、掟破りをしてくれました!!

この好調ぶり!いつまで続いてくれるか!

今回は、ラッセルがとても良い走りでした。気持ちは焦りがちですが、来季のチームも気になるところです。

シルバーストーンはタイヤの使い方もかなり注目!!
楽しみです♪♪

それでは、決勝は、7月18日 23:00 〜
お見逃しなく♪♪