Formula 1

来期のドライバー契約が全社確定しました!!来期のレギュレーション変更も注目!

先日のサンパウロGPはレポが書けなくて残念でした💧
申し訳ございません。

BLOGを全部読んでくださっている方はご存知かもですが、自身のライブがあり、起きてられませんでした💧
見るつもりで意気込んでいたものの、帰りは大荷物だったので、かなりの疲労感で、断念してしまいました。

もちろん、後日、きちんとチェックはしています!!(笑)
レッドブルファンからするとちょっと残念でしたが、やっぱメルセデスは早いですね。
う〜悔しい。。。
今週末あたりで、コンストラクターズポイントなども振り返ってみたいと思っております♪♪
(書いておかないとやらなそうなので笑)

さて、タイトル通り!
来期のドライバーが出揃いました!!
やっとアルファロメオ発表されました。まさかの、ジョビナッツィではなく、現在F2で活躍中の周冠宇(Zhou Guanyu)にアルファロメオは決定したとこ言うことです。
ちょっと残念だなぁ。ジョビナッツィ調子上げてきてたのに。。。
と言うことは、来期はアジア勢が三人もいるんですね!!
角田くんにも期待しております。

レッドブル・ホンダ マックス・フェルスタッペン
セルジオ・ペレス
メルセデス ルイス・ハミルトン
ジョージ・ラッセル
マクラーレン・メルセデス ランド・ノリス
ダニエル・リカルド
アルファタウリ・ホンダ ピエール・ガスリー
角田裕毅
フェラーリ シャルル・ルクレール
カルロス・サインツ
アルピーヌ・ルノー フェルナンド・アロンソ
エステバン・オコン
アストンマーチン・メルセデス セバスチャン・ベッテル
ランス・ストロール
アルファロメオ・フェラーリ バルテリ・ボッタス
周冠宇
ウィリアムズ・メルセデス ニコラス・ラティフィ
アレクサンダー・アルボン
ハース・フェラーリ ミック・シューマッハ
ニキータ・マゼピン

 

大体のチームが大幅な変更はありませんが、レギュレーション変更はコロナの影響で一年先送りされた為、来年から大きく変化します。

2022年はステップボトム方式に変更
→ダウンフォースを得る空力コンセプトを導入
→フロア下でのダウンフォースの量が増加。
→逆にフロントウィングやリアウィングでの空力パーツで得られるダウンフォースの量は減少。

ウイングが簡素化されることにより乱気流が抑制される。
よって、前方を走るマシンに接近しやすくなり、来期はオーバーテイク数が増えるかもしれません。

車両の最低重量が38kg引き上げ
→現在は最低重量が752kgです。
→来期は790kgになると言うことになります。

重くなると言うことは、現マシンと比較すると、遅くなる??
ベストラップは更新できなくなるかもしれませんね。

タイヤがでっかくなります。
→現在というか今までは13インチ
→来期からは18インチに変更

やっぱりピレリ?のままだよね??

なんのために変えるのだろうか・・・。
全く未知なる世界になりそうです。

PU開発の凍結
今きっと色々開発を頑張っているのかと思いますが、
来期開幕戦以降、開発が凍結されます。

レッドブルからホンダが撤退のニュースは大きく取りあえげられましたが(とてもショックなニュース)このこともあり、
2023年から凍結する予定だった計画を1年前倒しで、凍結という形になります。

燃料E10導入
エタノールが7.5%から10%に引き上げられるということで、エタノール10%つまりE10です。

環境に配慮して。ということになるのでしょう。2030年カーボンニュートラルの実現としていますが、あと8年ちょい。
自然に配慮することはとても大事なことですが、その頃F1はやはり水素がメインになっていくのでしょうか??

簡単にまとめてみました。

さて、来年も楽しみですが、まだまだ目が離せない、今期のレースです!

是非、ホンダに勝利を〜!!!!