convex+concave

CITY OF DREAMS~CHICO PINHEIRO

こんばんわ。日曜日です。
良い休日をおすごしでしょうか。

今日は、昨日買ってきてもらったCDを聴きながらブログを書いています。

今日の1枚♪
CHICO PINHEIRO
CITY OF DREAMSというアルバム。

そもそも、ギター、ピアノ、ベース、ドラムのカルテット編成ジャズは割と好きで、
今回はその編成プラスにCHRIS POTTER(サックス)が入っているとのことだったので、購入してみました。


【送料無料】 Chico Pinheiro / City Of Dreams 【CD】

CHICO PINHEIROはGUITERで更にVOCALも・・・と書いてあったのでどんなもんか思いましたが、
音楽自体は、コンテンポラリジャズと言っていいと思います。

VOCALが入っている曲はメセニーグループを彷彿させるサウンドですね。
もちろん大編成ではないし、鍵盤もシンセを使っているわけではないので、(曲によっては使用してる・・)壮大な感じではないですが、
VOCALが入っている曲はBRASILを感じさせるノリの雰囲気ですね。

CD屋さんでのカテゴライズはワールド扱いになってますね♪♪

参加メンバー
CHICO PINHEIRO(GUITARS,VOCALS)
TIAGO COSTA(PIANO)
BRUNO MINGOTTO(BASS)
EDU RIBEIRO(DRUMS)

AND
CHRIS POTTER(TENNOR SAX)2曲参加


恥ずかしながら、クリスポッター以外誰も知りませんでした。
主要メンバー4人はいずれもブラジル系音楽の中では有名なようです♪♪

レーベルもBuriti Productionsというところですが、聞いたことないです。
ジャケットはHATOLOGYぽい感じな雰囲気ですね♪♪

久しぶりに我が家のJBLスピーカーから聞こえてくる音♪
ピアノは少し控えめですが、ギターメインなので、素敵なハーモニーで支えています。
ベースはかなり好みな感じでした。音数が多いわけではないですが、安定感を感じます。ノリがいいですね♪
ドラムはブラジル音楽をかなり感じられるドラミングで、うるさくなく、軽やかなサウンドです♪

評論家ではないので、人の演奏を言葉で表現するのはかなり難しい。。。。けど。
久しぶりに新鮮な気持ちになりましたね。

爽やかサウンドはトニーニョオルタなどやはりブラジル系のサウンドを引き継いでいるように思います。
あんまり私はブラジル系にそこまで深く関わってこなかった・・(ブラジルののりは難しくて、避けてきた・・・笑)
ので、あまり詳しくないのですが、ブラジル(ジャンル)という括りは大体、明るい太陽な雰囲気の曲をイメージさせるのですが、そこまでではなく、私には聴きやすい一枚でした。

私が音楽を聴くときって、結局ベースとドラムがかなり重要で、
どちらかが気に入った時は大体いい音楽♪として受け入れている気がします。
今回はベースのサウンドが結構私は気に入りました。

リリースされているのは去年の夏。私にとってはまだ最近の音楽の括りになるのですが、
常に音楽は新しく新しくなっているので、どんどんいい音楽が増えていっちゃって困ってしまいますね(笑)
聞く方も大変(笑)
時間を作って音楽を聴く。という時間はとてもいい時間だなぁ〜。と感じました。

私が紹介できる音楽はきっと、皆さんもすでに知ってる音楽が多いかもしれませんが、
これは聞いてみたい!と思ってもらえるような紹介もたまにはできるように、いいものをたまに(笑)ご紹介していきたいと思います♪♬

今日の戯言
レッズ勝った〜。嬉しいけど、なんだか体の調子悪く試合始まって、5分で寝てました(笑)
今年の春は違うぞ!!と思ってましたが、やっぱり春は苦手なんです。。。。
あ〜、日曜が終わる〜。早くGWきてほしい・・・。