Formula1 2022

AZERBAIJAN 2022 GP FINAL RESULTS!!! レッドブル最高です‼︎‼︎‼︎

こんにちわ♪レッドブル推し❤︎naomiです。

大好きなアゼルバイジャンだったので、ブログそっちのけで見入ってしまいました(笑)

いつも思うけど、アゼルバイジャンの国歌がカッコ良すぎるんですよね〜♪♪
国歌っていうか、なんか映画の曲みたいな、ソワソワさせる感半端ないw
今回は合唱団が歌ってましたが、これがまた良い❤︎︎︎︎︎︎︎︎ア〜ゼルバ〜イジャ〜ン✨

↓これは去年❤︎これはこれで鳥肌立つ〜!!!

私の中で、一番好きなコースと言っても過言じゃないくらいアゼルバイジャンがお気に入りなので、最高の結果となりました!

去年もレッドブル1、2が叶うかもしれない〜!というところで、フェルスタッペンのパンク??によるクラッシュ!で惜しくもリタイアだったので、今回は完璧でした!!!!!!!

それでは結果をどうぞ♪

RESULTS!!!!

TEAM DRIVER
1 Oracle Red Bull Racing Max Verstappen
2 Oracle Red Bull Racing Sergio Perez
3 Mercedes-AMG PetronasFormula One Team George Russell
4 Mercedes-AMG PetronasFormula One Team Lewis Hamilton
5 Scuderia Alphatauri Pierre Gasly
6 Aston Martin Aramco Cognizant Formula One Team Sebastian Vettel
7 BWT Alpine F1 Team Fernando Alonso
8 McLaren F1 Team Daniel Ricciardo
9 McLaren F1 Team Lando Norris
10 BWT Alpine F1 Team Esteban Ocon
11 Alfa Romeo F1 Team ORLEN Valtteri Bottas
12 Williams Racing Alexander Albon
13 Scuderia Alphatauri Yuki Tsunoda
14 Haas F1 Team Mick Schumacher
15 Williams Racing Nicholas Latifi
16 Aston Martin Aramco Cognizant Formula One Team Lance Stroll
NC Haas F1 Team Kevin Magnussen
NC Alfa Romeo F1 Team ORLEN Guanyu Zhou
NC Scuderia Ferrari Charles Leclerc
NC Scuderia Ferrari Carlos Sainz Jr.

レースまとめ

ある程度の波乱は予想していましたが、クラッシュのような大きいアクシデントはなかったけど、フェラーリPUが4/6リタイアしているところがちょっと気になるところです。

フェラーリどうした・・・・。2台ともリタイア・・・・💧
予選は完璧なルクレールでしたが、サインツもルクレールもマシントラブルということで。。。リタイア。

バーチャルセーフティーカーでピットに入ったフェラーリ、入らなかったレッドブル。
この展開でどっちが勝つのかをみたかったなぁ〜。。。。

メルセデスは、ハミルトンがかなり体に負担がかかってきているようで、背中がやばい〜!!!と無線で言っていましたが、終わった後の映像でも、かなり痛々しい感じでした。スペインで改善されたバウンシングはなんだったのか・・・・。

ラッセルは不気味というか、とにかく結果を着々と残しているドライバーで、素晴らしいです。なんだかんだで、表彰台にちょいちょい絡んできているところがすごいです!!

今回はやはり、レッドブルの圧勝でした!!!!

ペレスは大人だな〜と改めて感じましたね。フェルスタッペンに先に行かせるシーン。
チーム側から無線で ”No Fighting” との指示。終わってからのインタビューでも、フェルスタッペンの方が早かったから、その指示が正しい。と・・・。

チームだなぁ。と感心します。

結果、レッドブル1、2を勝ち取るという、最高の結果となりました。

今回はフェルスタッペンもペレスもスタートからキレキレで、出だしからよかったので、トラブルさえなければこれは行ける♪♪と思っていたので、最大得点GETでのFINISHができたので、次に続いてもらいたいものです。

ファステストもペレスがゲットして、最大得点GETです!!!!

 

アルファタウリ角田が悔しいピット指示でした。

途中でDRSが半分開かないトラブルに見舞われ、運営側よりBLACK&ORANGEの指示により修理をしなければならなくなり、テープで補強&DRSを使えないという過酷なレースを強いられました。

ピットに入ったことにより、順位を落としてしまうことになり、ポイント圏内にいたところでのハプニングに、結果13位でのFINISH!!

うまくいけば6位だったので、非常に残念なトラブルでした。

 

来週は、カナダ!

日本時間はとても過酷な時間になります(笑)

極力リアタイ頑張りたいと思います♪

来週もよろしくお願いいたします♪♪♪


ホンダF1のテクノロジー (モーターファン別冊 – モーターファンイラストレーテッド -)


歓喜 ホンダF1 苦節7年、ファイナルラップで掴みとった栄冠


2022 オラクル レッドブル F1 レーシング マックス フェルスタッペン レプリカ CAP (フラットバイザー)